健康や美容を意識する方が多くなっていることから、サプリメントを販売する会社も増えてきました。もし、サプリメントを販売する場合、資格が必要だったりするのでしょうか?サプリメントに関連する資格としては、サプリメントアドバイザーという資格があるのですが、その資格を持っていなくてもサプリメントの販売を行うことは出来ます。

サプリメントアドバイザー

サプリメントアドバイザーの資格は、サプリメントの販売を行う者としての知識を学ぶための資格であり、販売を目的とした資格ではありません。
ただ、サプリメントを購入する側としては、サプリメントアドバイザーがアドバイスをしてくれたサプリメントを購入する方が、説得力や信頼感を感じることが出来るでしょう。サプリメントアドバイザーの資格は、日本サプリメントアドバイザー認定機構、日本ニュートリション協会の2つの機関で認定が行われています。

どちらもサプリメントについての知識を持つという意味では同じ資格です。
ただ、勉強内容に違いがありますので、自分が学びたいと思っている内容に近い方の資格を取得した方が、今後のためには良いと思います。

サプリメントの販売は、資格を持っていなくても誰でも行うことが出来るのですが、消費者の気持ちを考えると、サプリメントアドバイザーの資格を持っている方からの購入の方が、安心をすることが出来るのは間違いありません。